国内初の有機栽培オリーブを使った『山田オリーブ園』さんのオリーブオイル、取扱いスタート

みなさまこんにちは、sopra(ソプラ)です。

sopraは、オーガニックを扱うことで、私たちの健康や美容だけではなく、環境や有機栽培農家さんの支援に貢献しています。
今回は、新しく入荷したこだわりの商品を紹介します。
国内で初めてオリーブの有機栽培に成功した’’山田オリーブ園さん’’の『オリーブオイル』です。

 

オリーブオイルの魅力とは?


引用: 山田オリーブ園公式ホームページ

日本で販売されている食用オリーブオイルは3種類あります。
エキストラバージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、その2つをブレンドしたピュアオリーブオイルです。
 
そのうちエキストラバージンオリーブオイルは、生の果実を物理的に搾っただけのオイルで、最高級品と言われています。オリーブ本来の香りと味わいが特徴で、オレイン酸やポリフェノール、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

油は、大きく分けて2種類にわけられます。バターなどの飽和脂肪酸とオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸があります。健康のために積極的に摂取しておきたいのは後者の不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸には3つあります。

1)オメガ3系
青魚に多く含まれているDHAやEPA、エゴマオイルなどにα-リノレン酸が含まれています。

2)オメガ6系
大豆などを原料にしたお馴染みのサラダ油や、ごま油から摂れるリノール酸です。日本人はオメガ6のオイルは通常大量に摂取していると言われています。

3)オメガ9系
オリーブオイル、アボカドオイル、アルガンオイルが代表例で、主にオリーブオイルに含まれるオレイン酸があります。

油にはいろんな種類があるので、健康を考えて摂取する油は選びたいですね。

 

山田オリーブ園さんのエクストラオリーブオイルの魅力


引用: 山田オリーブ園公式ホームページ

山田オリーブ園さんは、農薬を使わない有機栽培にこだわってます。数多くの課題を克服し、国内で初めてオリーブの有機栽培に成功しました。
草生栽培という、草をはやす栽培方法で土壌を豊かにし、農薬を使わず、自然の昆虫や草花と共存する方法でオリーブの木を育てています。丹精込めたオリーブの木から実るオリーブの実のうち、傷のない緑色の実を手摘みで収穫していきます。大切に収穫されたオリーブの実は24時間以内に自家搾油所で搾ります。

エメラルドグリーンの緑果早摘みのオイルは、辛味、苦味、渋み、甘みのバランスがよく爽やかでキリッとした味わいが特徴です。最後に喉の奥にピリッと辛味を感じる個性的はオイルです。
爽やかな香りとピリッと辛味が効いたミッション種のオイルは、そのままスプーンで飲んでいただいたり、パンにつけたりサラダやカルパッチョなど、どんな料理にもあう万能オイルです。

 

山田オリーブ園さんの国産オリーブ栽培で大切にしている7つのこだわり

山田オリーブ園さん、が国産オリーブ栽培で大切にしている事を紹介します。

こだわり1:有機栽培
日本の自然をそのまま取り込むために小さな虫たちが畑の中で食物連鎖を起こすオリーブの森を育てる。そのための有機無農薬栽培。

こだわり2:水はやらない
1年を通して水やりは一切しない。瀬戸内の雨が少ない乾いた気象環境がオリーブのポリフェノールを増やし香りを高める。

こだわり3:草生栽培
四季を通して畑には様々な草花が覆う生命一杯のオリーブ畑。生きた草が土を耕し、枯れた草が有機物となって土を肥やす。

こだわり4:手摘み
一粒一粒手摘みで傷をつけないようにきれいな実だけを摘む。摘んだらすぐに搾ることで酸度は0.2%以下。

こだわり5:緑果を絞る
オリーブの実は秋に徐々に熟れながら黒くなる。香りが強い緑果を搾る。

こだわり6:自家抽出所
自分で搾る。実の品種、熟度、油分率、温度によってオイルは全く違うものになる。最高のオイルを搾るために自分で搾る。

こだわり7:農家が絞る
目指すオリーブオイルを搾るために、苗木を植え木を育て世話をして収穫し搾油まで全部やる。オリーブの実一粒一粒のこれまでを知っている。

引用: 山田オリーブ園 公式ホームページ

 

こだわり抜いて、丹精込めて出来上がったのが、有機栽培オリーブオイルなのですね。
ぜひ、こだわり抜いた山田オリーブ園さんのオリーブオイルを手にとって、お試しください。

皆様のお越しをsopraスタッフ一同お待ちしております。

Scroll to top